ホワイトハウス・ダウン –アウトの効用–

アメリカの権力の象徴ホワイトハウスが崩壊の危機に面する。名優ジェイミー・フォックスがオバマ大統領そっくりの大統領を演じ、今まさに旬のチャニング・テイタムが勇敢にも崩壊の危機に瀕したホワイトハウスと大統領を救う。

  

映画「ホワイトハウスダウン」は政治劇ではなくアクション・スペクタクルである。アクションというのは通常ドンパチ・ボコンバコンで、あまり多くのセリフを喋らないものだが、この映画、全尺131分の長目の映画だが、それにしても字幕枚数2076枚。普通の映画の1.5倍ぐらいセリフの数が多い。

  

映画の最初から終わりまでセリフの途切れる時がない。このセリフをすべて字幕で見せるとなると、画面を見てるヒマがない。

  

そこで字幕翻訳者が考えるのが、アウトという手段である。セリフが聞こえていても、OUTと表記して字幕にしない。そこは原音のセリフを聞きながら、目は画面に集中してもらう。

  

    

画面にはいろいろなトリックがある。この映画では、ホワイトハウスを占拠したワルの親玉ウォーカーがテレビのニュースを聞きながら、ポケベルに送られてきた数字を書き写すシーンがある。バックでニュースキャスターが早口で国家の一大事を語っている。これをすべて字幕にすると、観客はポケベルの数字を見忘れて字幕を読んでしまう。

  

実はこのポケベルの数字がキーなのだ。さて字幕をOUTにするか。できなかった。キャスターのセリフにも意味があった。そこで何をしたか。セリフの長さを半分にした。字幕の位置をポケベルにかぶらないよう左右に移した。苦肉の策である。

   

でも実は映画のあちこち、もういいいやと思うセリフはバサバサとアウトにした。映画会社制作部の小沢女史の英断による。最近の映画はセリフが多い。にもかかわらず字幕翻訳者がアウトにすると、おい、コラと怒られそうな気がする。でもここは勇気をふるって、バッサバッサとセリフはアウトにするがいい。アウトこそは字幕翻訳者、まさに腕の見せ所である。

 

 『ホワイトハウス・ダウン』

配給:ソニー・ピクチャーズ 公式サイト

8月16日(金)丸の内ルーブルほか全国公開