TV台本との違い≪グーニーズの吹替え≫

当スーパーマン、先日スピルバーグ監督の『グーニーズ』の

吹替え翻訳をやってみた。
ごらんになった方も多かろうがこの映画、ガキどもが何人も出てきて

ペチャクチャピーピーギャーギャーとうるさいうるさい。
次から次へと折り重なって四人も五人も同時にペチャクチャやって、

それを全部一人一人の口に合わせて訳していくんだゾ!

もう途中で頭が痛くなってきた(字幕ならとばせるのに!)
原稿枚数は普通の字幕翻訳の五倍はあった。

これでギャラは字幕版より安いんだもんな~。
録音の時、スタジオに行くと声優たちがスーパーマンの訳した台詞を一生懸命画面にあわせてしゃべってた。

子役たちも早口のところなんか、みんな必死。普通、一本の映画の録音は一日ですむが、これは三日もかかった。子供たちもがんばってくれた(今、ビデオが出てるので見てください)。
吹替えの是非はともかく、もとの映画とイメージが変わることが多い。これは声の違いが最大の要因。

日本人と西洋人は声の質が違う。男性はまだしも、日本女性の声は全体にトーンが高い。
あとは時間と予算の問題。予算が少ないから、あまりケイコに時間がかけられない。

役のツッコミも甘くなる。配役――つまり、声優さんもドジの少ない無難な人が優先となる。

質より、うまくこなす人の方が大切なわけだが、それってちょっと問題あるよね。

 

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。