マーケットの仕入れ人≪ホーガン、銀幕に登場≫

カーンとゴングが鳴る。

長い金髪をなびかせたレスラーが相手をロープに投げつけ、

その反動で戻ってくる敵のノド元にアックス・ボンバーが炸裂!

ご存知、ハルク・ホーガンの登場だ。

   
このプロレスラーが主演する「ロッキー」仕立ての痛快アクション

“No Holds Barred”は今年6月全米で公開されるや、同時期公開の

「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」(1989)の2位に浮上、

3日間で5百万ドル(約7億円)の好成績をあげたゴキゲン映画。

   
この映画来年春に日本で公開される。

「最後の—」は、とっくに日本で公開されてるのに、

どうしてホーガンのはそんなに遅いのか。

それは映画の買付け、配給システムに大いに関係がある。

  

外国映画が日本に配給されるケースは二つある。

一つは“産地直送”タイプ。たとえば今から話題を呼んでいるワーナーMP「バットマン」。

ワーナー映画は日本に支社を持ってるから、この映画を直接日本に持ってこれる。

つまり産地直送。日本で一番売れそうな正月映画として公開してやろうというハラだ。
やはり正月用の「ゴースト・バスターズⅡ」(コロムビア) 

「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」(UIP)もこのタイプ。

   
もう一つは日本の映画会社が世界のあちこちにトコトコでかけ、自分で商品(映画)を買ってくるタイプ。

外国には年に何度か大きな映画祭があり、築地の魚市場に仕入れにいくように(?)でかけていくわけだ。

   
一番有名なのがカンヌ映画祭で、当スーパーマンもこの5月にカンヌへトコトコでかけてみた。

  

   

本文は菊地浩司が20数年前に「プレイコミック」という漫画雑誌に映画翻訳家の舞台裏をコラムとして掲載していた時のものです。本文に一部適切ではない表現がございますことをご了承ください。