ホワイトハウス・ダウン –アウトの効用–

アメリカの権力の象徴ホワイトハウスが崩壊の危機に面する。名優ジェイミー・フォックスがオバマ大統領そっくりの大統領を演じ、今まさに旬のチャニング・テイタムが勇敢にも崩壊の危機に瀕したホワイトハウスと大統領を救う。

  

映画「ホワイトハウスダウン」は政治劇ではなくアクション・スペクタクルである。アクションというのは通常ドンパチ・ボコンバコンで、あまり多くのセリフを喋らないものだが、この映画、全尺131分の長目の映画だが、それにしても字幕枚数2076枚。普通の映画の1.5倍ぐらいセリフの数が多い。

  

映画の最初から終わりまでセリフの途切れる時がない。このセリフをすべて字幕で見せるとなると、画面を見てるヒマがない。

  

そこで字幕翻訳者が考えるのが、アウトという手段である。セリフが聞こえていても、OUTと表記して字幕にしない。そこは原音のセリフを聞きながら、目は画面に集中してもらう。

  

    

画面にはいろいろなトリックがある。この映画では、ホワイトハウスを占拠したワルの親玉ウォーカーがテレビのニュースを聞きながら、ポケベルに送られてきた数字を書き写すシーンがある。バックでニュースキャスターが早口で国家の一大事を語っている。これをすべて字幕にすると、観客はポケベルの数字を見忘れて字幕を読んでしまう。

  

実はこのポケベルの数字がキーなのだ。さて字幕をOUTにするか。できなかった。キャスターのセリフにも意味があった。そこで何をしたか。セリフの長さを半分にした。字幕の位置をポケベルにかぶらないよう左右に移した。苦肉の策である。

   

でも実は映画のあちこち、もういいいやと思うセリフはバサバサとアウトにした。映画会社制作部の小沢女史の英断による。最近の映画はセリフが多い。にもかかわらず字幕翻訳者がアウトにすると、おい、コラと怒られそうな気がする。でもここは勇気をふるって、バッサバッサとセリフはアウトにするがいい。アウトこそは字幕翻訳者、まさに腕の見せ所である。

 

 『ホワイトハウス・ダウン』

配給:ソニー・ピクチャーズ 公式サイト

8月16日(金)丸の内ルーブルほか全国公開

フライト

© 2012 Paramount Pictures.All Rights

“業(ごう)”という言葉がある。よく「あの人は業が深い」など言われる。デンゼル・ワシントン演じる、この「フライト」の主人公ウィップ・ウィトカーを見てこの言葉を思い出した。

  
彼は自信家である。人種差別のひどかったアメリカ軍において、父親は第2次世界大戦初の黒人戦闘部隊、第332戦闘航空郡のパイロットだった。その父から操縦を教わった。やがて彼はパイロットとなり、その腕は他に追随する者はいなかった。だが彼は酒に溺れてた。妻と息子は彼を見捨て、心の闇を酒とドラッグで紛らわせていた。

  
彼は飛行中、突然操縦不能になった旅客機を奇跡的に緊急着陸させた。彼は全米の英雄となった。その彼にアル中疑惑が起こった。あの事故のとき飲酒をしてたのではないか。そして真偽を確かめる公聴会が開かれる。
   

「業」とは過去に成したことの結果だという。彼は自信家であるがゆえに、自分の心の闇を正直に話せない。だが“業”はめぐる。やがて彼はその事実に気づいていく。

  
そんなことを思いながら、僕はこの翻訳を終えた。

  

『フライト』

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン 公式サイト
3月1日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

人生の特等席

Ⓒ2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 

2009年公開の「グラントリノ」を撮り終えたあと、

イーストウッドは俳優引退宣言をした。

   

そのイーストウッドが82歳の今、

新作「人生の特等席」で主演を演じた。

なんとも胸が熱くなる。

その翻訳の仕事がワーナー映画から回ってきた。

    

制作担当の松崎さんが、人生の終焉を迎えつつあるイーストウッドの映画なら、もう還暦もかなり超えた菊地浩司にピッタリだろう(笑)と仕事を回したのだ。

     
昨年僕はブラッド・ピット主演の「マネーボール」を翻訳した。アメリカ・メジャーリーグのGMがセイバーメトリクスという近代的統計学的手法を用いて選手をスカウトするというストーリー。

  

そして今回の「人生の特等席」は、長年の自分の経験と勘を信じる定年間近なスカウトマンの話。

  

まるで真逆。

どっちの言い分にも惹かれるものがある。

 

  

さらに面白いのは「マネーボール」は昨年の東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれ、

今年は「人生の特等席」が選ばれた。

 

小生2年連続クロージング作品に字幕を付けた。光栄である。

    
イーストウッドの作品は何本か翻訳してる。

特に印象深いのは1993年公開の「ザ・シークレットサービス」。

まだ現役バリバリ60代のイーストウッドはカッコよかったな。

小生もまだ60代、ちょっとあちこちパリパリ痛んできたが、イーストウッド張りに頑張るか。

 

 

『人生の特等席』公式サイト
配給:ワーナー・ブラザース映画
11月23日(金)全国ロードショー

ボクシングの応援に行ってきた

昨日後楽園ホールに、ボクシングの応援に行ってきた。

   

飛天(日高)かずひこ、元東洋太平洋スーパーウェルター級チャンピオン。一度は引退を宣言したが3年ぶりの

現役復帰大試合だ。

   

そういえば映画でも何度も復活を果たしてきたボクサーがいるな。そう、ロッキー。飛天はまだ30を超したばかりだが、スタローンなんてもう65歳を超している。

     

人間、これで終わりってことはない。

飛天の試合はすごかった。

3年ぶりだが絶対に負けないって気迫がみなぎっていた。

 

多少20代の軽快さに欠けるが、張り詰めた筋肉が鋼鉄の

パンチとなって炸裂する。

    

結果は判定、だがもちろん勝利。

やった! おめでとう。応援団はみんな大喜びだった。

   
  

そういえば映画翻訳家協会が編纂した「字幕翻訳者が選ぶオールタイムベストテン」。

あの中で菊地浩司のベスト10に、チャンピオン復活の夢を果たし、しかし悲しい結末を遂げる涙のストーリー

「チャンプ」が選ばれているが、じつは僕がベスト10に入れたのは「チャンプ」でなく「チャンス」。

1979年に公開されたピーター・セラーズのほんわかとした寓話の映画です。

この「チャンス」も見終わったとき、ほっと温かい涙を流させてくれますよ。

壮大なるクルージング

ひさしくブログの更新をサボってる。

 

というのも今壮大なるヨット・クルージングの

真っ最中なのです。

  

母港の江の島ヨットハーバーを出港したのが4月21日。

 

大荒れの海を4日以上かけて小笠原に着いたのが

25日AM2:00。

 

  

小笠原で数日休憩をして、そこから太平洋の真っ只中を

朝昼晩どこへ寄ることもなく南大東島まで5日間、そして

さらに2日かけて沖縄の宜野湾マリーナにたどり着いた。

   

その距離およそ2500キロ。

もう頭の先から足の爪先まで海にドップリって感じ。

 

しばらく船を沖縄に置いたまま東京に戻ってきて

仕事再開。

  

   

そして沖縄の梅雨明けを待って、先日6月29日から

今度は沖縄、奄美大島、悪石島、屋久島を経て

宮崎県の日向まで、昼は島に上陸、夜は暗い海を

月明かりや星の明かりを頼りにエッチラオッチラ、

クルージングしてきました。

 

今、船は日向。

このあと九州から瀬戸内海を経て、鳴門海峡を渡り、

紀伊半島先端の潮岬を回って江の島まで、まだまだ

先の長い航海が待っているのです。

  
これって昔いつも机にかじりついて翻訳ばかりしていた反動なのかな、なんていうほど仕事してなかったよね。